Skip to content

大阪の美容専門学校の特待生試験の概要と条件

ヘアメイクアーティストの職業は2000年以降、人気を集めています。

2019年2月に文部科学省が実施した小学生への将来なりたい職業アンケートで、ヘアメイクアーティストは男子女子共に3位にランクインしたほどです。この職業に就くためには高校を卒業してから2年間、美容専門学校に進学して基礎知識を身に付ける必要があります。注目されている職種なため全国各地に美容専門学校はありますが、その中で大阪にある学校では特待生制度を設けて、学生にとって負担の少ない通い方を支援されているのが特徴です。

2020年3月現在、大阪には計82の美容専門学校があります。このうち計65の学校で特待生制度があり、指定された試験に合格して条件を満たすことで入学金・授業料が免除されて美容師になることが可能です。なぜ大阪の多くの美容専門学校で特待生制度があるのかというと、全国でもっとも多くの専門学校が集っている地域ゆえに、他校と差別化を図って学生を迎え入れようとされていることに起因しているといえます。

特待生に選ばれるためのは、学校側が用意した試験に合格する必要があります。試験内容は高校卒業程度の一般教養・デッサン・面接となっており、これらは美容師国家試験をパスするためにも必要な知識です。つまり、優秀な学生が特待生に選ばれるといえます。その他条件としては、学校が指定している職場に就職することと、卒業まで専門学校に在籍することの2点が挙げられます。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *